「五千光年の夢」を見ている夢を見る

五千光年の夢 

スピッツのデビューアルバム「スピッツ」の4曲目「五千光年の夢」

五千光年の夢

作詞・作曲:草野正宗

 

この曲はギターとドラムの曲だと思っています。

イントロのところとか、ちょいちょいひょっこり出てくる三輪テツヤさんのギター(悪く言っているわけでは決してありません。好きです)、崎山龍男さん(崎山さんの「さき」の漢字は「大」ではなくて「立」の方なんですけど、変換ができなかったので「崎山」にしています)のダン!という乾いたドラムの音が、この曲をビシッと引き締めつつ、なんだか可愛らしい感じにもしているように思います。

 

2分44秒と短い曲で(Wikipediaでは2分42秒と書いてありました)、アルバムに入っている歌詞カードではたったの8行。

でも、その短い詩の中でも、草野マサムネ節がこんもり詰まっています。

 

そもそも、「五千光年の夢」ってなんじゃいな、ですし。

※引用部分はすべて「五千光年の夢」の歌詞引用

すべてが嘘だったとわかった

の次の歌詞が

お弁当持ってくれば良かった

でずっこけて

頭ガイコツの裂け目から 飛び出してみよう

なんてお誘いにものりたくなっちゃって。

淡い緑のシャツを慌てて着て、急いでつくったお弁当を持って、ゆがんだ天国の外で一緒に照れ照れしたいって思うのです。

でも、なんだか寂しい。

一緒にいるのになんだか寂しいなって思っていたら目が覚めて。

結局、夢で終わっちゃう思い。

 

それでも。五千光年の夢が見たいな。

ラララララー ラララララランラー ララララーラーラー♪