「ニノウデの世界」の世界

スピッツのデビューアルバム「スピッツ」の1曲目「ニノウデの世界」。

ニノウデの世界

作詞・作曲:草野正宗

2ndシングル「夏の魔物」のカップリング曲です。

 

アルバム「スピッツ」の1曲目「ニノウデの世界」は、三輪テツヤさんのギュイーンと歪んだギターの音とクリアな音色の美しいアルペジオ、草野マサムネさんの高音の甘い声が存分に堪能できる1曲となっております。

もうすでに「スピッツ」というバンドができあがってますよね。

なんてかっこつけて書きましたが、音楽は全く詳しくないので、「ニノウデの世界」ってどんな曲?と聞かれたら「変◯態な感じでめっちゃくちゃ良い曲だよ〜。スピッツって感じ!」となんだそりゃな解答になると思います。

 

ここからは「ニノウデの世界」の歌詞について自分勝手に思う存分語っていきます。

スピッツは人気のあるバンドですので、いろいろと歌詞を考察したブログがありますけど、私はあっほうなので、そういう難しいことはするつもりはありませんし、そもそもできましぇん。

ただただ、うふうふにやけるのみです。

引かないでね…。

 

まあ、何と言っても、「ニノウデ」がね。

「ニノウデ(二の腕)」って柔らかくて、おっぱおの柔らかさ、なんて言われる身体の部位ですよ!ふにふにもにもにですよ!

そのおっぱおのように柔らかなニノウデに「世界」があるとしたら、それはそれは、ど変◯態もりもりの世界だと思われます。ええ。

おなかのうぶ毛に口づけまでしちゃったりなんかして。ここの歌詞、めちゃくちゃ好きですけど。

「おなかに口づけ」じゃなくて「おなかのうぶ毛に口づけ」なんて、はい、変◯態確定!てなもんです。ものすごく好きですけど。

 

ニノウデって冷たくて柔らかくって、でも、肩とか手みたいにぱっと触れる部分でもなくて、なんだか秘密の場所みたい。

スピッツの、不思議で、でもなんだかかわいらしくって、なんとも愛おしい世界が「ニノウデの世界」には詰まっている、そんな風に感じました。

 

タンタタンターン♪